更年期女性の薄毛対策

更年期になって女性ホルモンが急激に減ると、髪の毛も細く、コシがなくなって、ボリュームが減ってきます。女性ホルモンのエストロゲンは髪を丈夫にし、艶やかにする働きがあるためです。
そのため、女性ホルモンに似た働きを持つ大豆イソフラボンを摂ることが改善の方法だとされています。
ただし、大豆イソフラボンを摂っても、エクオール産生菌という腸内細菌を持っていないと、エクオールという女性ホルモンと似た働きを持つ物質に変換はできないことになります。日本人の約半分、若い世代だと20~30%の人はこの菌を持っていません。

その場合は、エクオールのサプリメントを摂る方法があります。
また、睡眠中に分泌される成長ホルモンはタンパク質の再合成を促し、しっかりした髪を作る働きがあります。
できるだけ夜更かししないようにしましょう。
そして成長ホルモンを多く分泌するように深い眠りを得られるよう、就寝の一時間前からはテレビやスマホ、パソコンを見ないようにすることも大切です。

コメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トラックバック・ピンバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL